自由に働けるフリーエンジニアの魅力について

タクシー会社に勤めるには

タクシーと人形

タクシー運転手に必要な資格ですが、「普通自動車第二種運転免許」を持っていることです。ただし、応募の時点でこの免許を取得している必要はありません。「普通自動車第一種免許」を持っていれば、入社した後に養成訓練を受ける際に、第二種運転免許を取得することができます。第二種運転免許を取得するための費用も、タクシー会社が出してくれます。ただし、第二種運転免許を取得するには、「第一種運転免許を取得してから3年経つこと」という条件がついているため、18歳で免許を取得したとしても21歳になっている必要があります。タクシー運転手の応募条件に「一種免許取得後3年を経過していること」などと書かれているのは、このような理由によるものです。

タクシー会社が行う面接で必ず聞かれる質問の中に、「どうしてタクシー運転手になりたいと思ったのか」という志望動機があります。履歴書の中にも、同様に志望動機を書く欄があります。考えられる理由として、「車に乗るのが好き」とか、「運転が好き」というものがあげられますが、「それならバスの運転手でもよいのでは」などと切り替えされる場合があります。タクシー運転手の特徴として、一人一人のお客様のニーズに応えられるというものがあるでしょう。多くの乗客を一度に移動させるバスとは、目的が異なります。タクシー運転手の方が丁寧に接する必要がありますから、自分の性格と合っている点などについて説明できれば、より採用される確率が高くなるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加